【レポート】ボローニャ国際絵本展2011 [vol.1]

ボローニャ中央駅(Bologna Stazione Centrale)から北西、バスで15分ほどの所にある、BolognaFiere。
そこを会場に、3月28日から31日の間、開催される「Bologna Children’s Book Fair」に行ってきました。


大きな地図で見る


会場入り口にて


入場券売り場のようです。
しかしネットで前売り券を買えば、並ばなくて済むし安くもなるので、オススメです。


まず最初に訪れたのが、イラストレーターが自身をアピールする掲示板。
(ネットで仕入れた情報だと、あっという間に埋め尽くされるというので)


ポスターと、名刺を貼っておきました。
ルールはないです。小さいものを貼ってる人、大きいものを貼ってる人。
何枚も貼ってる人。様々です。
でも、出版社の方がチェックしてるかどうかは定かではありません。
イラストレーター同士の交流という説(?)もあり。


会場風景


Illustrator’s Cafe。
しかしここには殆ど出入りしなかったので、どういう場所かは分からず。
イラストレーター交流の場でしょうか……?


講演が開催されている場所も複数あり。
言葉がアレなので、内容すら分かりませんが。。。


コンペ受賞者の作品。


沖縄の方の作品もありました!
キレイで、ちょっと日本離れしたようなテイストで、個人的にも好みな感じでした。
首里城と龍のお話? どういうストーリーなんだろう。絵本化されないのかな。


大きな出版社から小さな出版社まで、世界の出版社が星の数ほどブースを設けています。
で、よく考えると当たり前なのですが、このフェアは出版社の商談の場であって、イラストレーターと出版社の交流もその一つではありますが、イラストレーターの期待ほどは重要視されていません。
詳しくはまた次回にでも。


所々に、こうしたカフェあり。
ちょっとした軽食あります。

昼食はピッツァで。
一切れ3.5ユーロ(約420円)ほど。しかしコーラは4ユーロ(約480円)。
この価格設定はなに……?

ちなみに、掲示板はあっという間にこんな感じで埋まりました。

次回は、作品の売り込みについて記したいと思います。

Comments (6)
  1. さおり より:

    興味深いレポートありがとうございます!

  2. 世間の片隅 より:

    昨日はお疲れ様でした。色々と家族でご迷惑お掛けしました。更にご馳走までしてもらって・・・
    ご馳走はもう少し稼いだ時にしてもらおうと思ってたのに(笑)それはそうと久々に顔見れて良かった!元気そうで何より!
    イカ釣り&海老釣り頑張って下さい(笑)

  3. 与儀勝之 より:

    さおり さん
    次回は“英語が出来ないイラストレーターの売り込み珍道中”です。お楽しみに!(笑)

  4. 与儀勝之 より:

    世間の片隅 さん
    いやいや。こちらこそわざわざ横浜まで来てくれてありがとう。赤ちゃんにも泣かれなくてよかったよ。
    こんど来た時には、もっとスマートに横浜案内できるようにしておくよ(笑)

  5. マタキチ より:

    まーくん、すげーな!
    読んでるこっちも何か緊張するね。
    沖縄から世界へ、かっこいい。

  6. 与儀勝之 より:

    マタキチ さん
    今回は手応えのみで、成果は得られなかったけど。
    いずれ世界に羽ばたきたいものです。
    そしたらかっこいーなー。